モヒカン空手

2006-10-22モヒカン炎上

http://admin.j-cast.com/mt/mt-comments.cgi?entry_id=3464

モヒカン炎上中。このライターが敢えてモヒカンの標的になりやす人間に成り済ましているとしたら、なんというかモヒカン族に囲まれて蹴られている山のフドウのような、何の意味があるかよくわからず後で回収もされない伏線というか、なんというかかんというか。ばってん荒川死去。

2005-07-29海外モヒカン

http://ranger.befunk.com/blog/archives/000605.html


これなんかもモヒカンとそうでない人たちとの軋轢だな。

2005-07-28モヒカン、啓蒙、イデオロギー

http://www.thought.ne.jp/html/text/socio/04id5.html


ゲーデル

イデオロギーはいつもその歴史性を忘却し、自然化し普遍化する」という考えこそ、イデオロギーという概念(考え)を非歴史化・普遍化・自然化する。つまりこれもイデオロギーなのだ。

カンパネルラ

今やイデオロギーはいつもイデオロギー批判の形で登場するのですね。いったいぼくらはどうしたらいいんでしょう。

ゲーデル

いやいや。例えば「そんなのはユダヤ人陰謀だ」というイデオロギー批判(これだってその出所を指摘しているね)がまんまイデオロギーであるその一方で、「自分はイデオロギーに基づいてこう考える」という部分的な自己省察は(それこそやたらと目につくものだが)、イデオロギーを強めこそすれ弱めることはないだろう。

 繰り返しになるけれど、「アホいうもんがアホじゃ」の一方で、「私はバカです」と口にするだけではそのバカが消えてなくなる訳がないのだから(おなじことだけど、「いろいろいっても、みんなバカイデオロギーもち)なんですから、そんないがみ合わないでいきましょうよ」というのだって同じだね)。なにしろ、そんなやつは「私はバカです」「みんなバカです」ととりあえず言っておけばその場をやりすごせると知っているだけで、自分の「バカ」がいったい何であり、自分や他人や社会や世界に何をしでかすのか、知ろうとさえしないのだから。

mahitomahito2006/01/03 11:51どういうわけで世界中から制裁を受けなきゃならないのか分かりませんが。教えてください。わたくしがいったい世界に何の悪を犯したのでしょうか。個人的には多々有りでしょうが。あなた方一体どういう人々でわたくしを憎んでいるのですか。

mahitomahito2006/01/03 12:00あなた方が本気のはずは無いでしょう、あまりにも感情的ですし、バカと人格攻撃とも取れる言葉をこんなところで吐いているのですから。わたくしを釣ろうとしているのか、まあ此処の人々はまともには答えないでしょうが。わたくしはモヒカンを返上いたしました。知らない間にモヒカン族に入れられたことであって、望んだことでもないし。それにモヒカンの定義は変わらないようで、都合よく微動している。

yagitoshiroyagitoshiro2006/01/05 02:42世界中から制裁を受けているんですか。なるほど。世界に何の悪をしたのかご質問のようですが、私にはわかりません。mahitoさんは個人的に多々有るとおっしゃっているのですから、それがそうなんじゃないでしょうか。mahitoさんが誰だかわからないので、そうかもしれないし、そうでないかもしれないとしか言えませんが。

yagitoshiroyagitoshiro2006/01/05 02:46私は本気なのかと自問してみましたが、何について本気なのかわからないので答えは出ませんでした。モヒカンの定義が適当に揺れ動いているというのはその通りですね。もっとも、定義が動かない言葉が果たして存在していいものかどうかとも思いますが。

2005-07-18泊まり込んで翌日にはThe Yes MenのDVDを観たりしつつ

Google Earthナチ発見。


http://www.theregister.co.uk/2005/07/18/hitler_san_diego/



でも京都駅の地下道のタイルの模様もこうなっていることには気づいた人はあまりいないだろう。いるのか?


The Yes MenのTシャツを買ったので平日に着て出勤しよう。


もっとも、フィッシング詐欺の元祖みたいなものなので、何が届くか皆目見当もつかない。


http://www.theyesmen.org/