モヒカンダイアリー「アップル通信」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

     夏のひこうき雲のsummercontrail(略して左近)が書いています。

はてなポイントで投げ銭投げ銭リンク設置について

 | 

2007-03-24

ムラ社会におけるリスク・マネジメント ムラ社会におけるリスク・マネジメント - モヒカンダイアリー「アップル通信」 を含むブックマーク はてなブックマーク - ムラ社会におけるリスク・マネジメント - モヒカンダイアリー「アップル通信」


 はてなブックマーク - 図書館で職員殴り逮捕 - 社会ニュース : nikkansports.comでのhogawaさんのコメントに、少し反応してみたくなった。

2007年03月23日 hogawa 図書館の臨時職員66歳ていうのは退職後のボランティアみたいなもの。ときどき公募している。うちの親父も最近始めたのだがちと心配だが、ムラ社会度の高い田舎なので大丈夫に違いない。

はてなブックマーク - 図書館で職員殴り逮捕 - 社会ニュース : nikkansports.com

 ムラ社会度の高い田舎のほうが、むしろ危険かもしれませんよ。

 ムラ社会度の高い田舎だと、図書館の利用者を含めたその地域社会の構成員が、「体面を潰された!ひどい侮辱を受けた!」という理不尽な怒り*1を抱くような価値観を持っている蓋然性が高いわけだから。


かばんの置き方を注意されたことに腹を立て、手で顔を1回殴った疑い

図書館で職員殴り逮捕 - 社会ニュース : nikkansports.com

 注意された人がムラ社会的な価値観を持たない人なら、かばんの置き方がそれでよいと思えばそれでよいと主張するだろうし、よくなかったと思えば直すだろうな。「相手の気持ちを考えない奴め!(参考:モヒカン族 - モヒカンダイアリー「アップル通信」 - 人の気持ちを考えろ)」という感情的な反応はその人の中に生まれにくいはず。


 ただ、その地域に〈突飛な行動に出るような人が入ってきづらい、流動性が低い、閉鎖的なコミュニティ〉が形成されているという意味なら理解できますが。

 この人は突飛な行動に出るような人だ、という認識が予め共有されているからリスクは低い、という意味でならそれも理解できる。


 としても、ムラ社会度が高い地域では、誰かが突飛な行動に出たということが(様々な思惑によって)地域外部に対しては隠蔽されやすいだろうから、リスクの判定は難しそう。

 そもそも、普通の人でも(周囲から見れば)突飛(としか思えないよう)な行動に出ることがあるという前提は意識しておいたほうがいいのだろうな。突飛な行動に出るような人というのが予め決定されているわけではないし。


 言わずもがなですが、hogawaさんのお父様の図書館でのお仕事の*2、安全が守られて、存分にその力が発揮されますようお祈りします。

*1:これを理不尽と評価するのは、私のモヒカン族的感覚によります

*2:「の」が多い

トラックバック - http://mohican.g.hatena.ne.jp/summercontrail/20070324
 |