モヒカンを隠して生きてきた日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

モヒカン宣言
 | 

2005-08-02

そういえば 08:15 そういえば - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

最後まで対話を維持しようとするのがモヒカン族

最後には対話できなくなるのがムラ社会

だよなぁ。例えば「善」の押し付けの様や、その思い込みの指摘へのキレ具合などを考えるに。

サイバーカスケード/集団成極化がムラ社会を象徴する言葉ってことか…。

ムラ社会の価値 12:57 ムラ社会の価値 - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

ムラ社会の知恵とでも言ったほうがいいか。よくムラ社会の象徴的に言論が未熟な人間が挙げられる。知識不足/偏見/感情優先などにより、ツッコミどころ満載な主張や反応をする人とか。

モヒカン族はそういう人にシンプル指摘する人であるが、ムラ社会は、見方を変えると、そういう人がいなくなることはありえないという真理に基づき、そういう人たちも包含した社会を認めて形成している。それが「空気」。

いわば、真ムラビトと似非ムラビトがいて、似非ムラビトが我が侭ってことね。

# もうちょっといい言い回しが欲しいけど-_-

そして、モヒカン族のような傾向に対して排除的な行動を取るのは似非ムラビトであって、ムラ社会に属してはいても真ムラビトには排除という考え方はない。

ムラ社会の真ムラビトたちは、世の生ける人を全て認めようとすることで、社会を保ってきた。モヒカン族も全て認めるのだが、誤りを正そうとする力の強さが異なる。そして、誤りを正そうとする力が強いことが一概に良いとは言えない。それがムラ社会の価値である。

トラックバック - http://mohican.g.hatena.ne.jp/queue/20050802
 |