モヒカンを隠して生きてきた日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

モヒカン宣言
 | 

2005-07-25

なんだか今まで自分が言及してこなかった分だけ言いたいことが溜まってたんだろうか? 09:06 なんだか今まで自分が言及してこなかった分だけ言いたいことが溜まってたんだろうか? - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

まぁモヒカン/ムラビトを語る場合の典型的事例だからというのももちろんあるけど。

それを明記しないで掲げられると「無断リンクをするのは失礼のはずです」という子供たちが発生するので勘弁してほしい。教育に悪いという強力なデメリットが有る

九尾のネコ鞭

id:otsuneコメント。otsune さんの啓蒙の根拠である、「他者が誤解するから」というのはいつも伝えにくい。個人的意見を吹聴して、それを歪んだ形で信用してしまう人が現れたら困るという意図を持って指摘しても、「私がそう思ってるだけなんだから勝手でしょ」という切り返しをされる。

本来啓蒙すべきなのは「誤解しそうな子供」のほうであって、web に個人的な意見を述べること自体は誰しも批判されたくないし、いちいち全てにカウンターかましていられない。しかし、誤解しそうな子供全てに伝えることは、そういった子供が見るようなコンテンツに反論を併記していくことよりさらに難しい。学校のレベルでそのことが教育されるようになっていけば、モヒカン族の活動は不要になるかもしれない。つまり、教育方面への啓蒙も必要。しかし、実際には大人もすぐにプロパガンダにやられてしまうのでやはり大いに不足。

だから、web では多数の側面からの意見がきちんと見えることが重要であって、一方向からの意見の垂れ流しができるだけ排除される必要があるのだ(そしてそれがテレビとの差異である)、ということになるんだけど、「発信手段」としか見ていない人には通じない。

大体、「多数の側面からの意見を見たくない」=「騙されているほうが幸せ」という人も結構な割合でいたりするもんだから、最終的には「正しさとは何か」という問題に到達してしまう。

出かけねばなのでひとまず結論なしでここまで。

(追記)当然、モヒカン族も個人的な意見を述べるが、モヒカン族は反論行為を否定しないし、読者の判断材料が増えることは基本的に好ましいことと考える。「子供が見るようなコンテンツに反論を併記していくこと」より有効な手段の提示無しに反論を否定するのは難しいだろう。「無断リンク禁止」を述べる人がそれを指摘するモヒカン族より多数だから「そちらが常識」と言われたならば、「無断リンク禁止」を述べる人より「一方的な情報ですぐに洗脳される人」のほうがもっともっと多数だからそちらが優先されるのが「常識」と反論できる:p。

トラックバック - http://mohican.g.hatena.ne.jp/queue/20050725
 |