モヒカンを隠して生きてきた日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

モヒカン宣言
 | 

2005-07-23

偽メンヘラー(=差別主義者)のためのツール 01:26 偽メンヘラー(=差別主義者)のためのツール - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

いわゆる偽メンヘラー(定義としては批判する人をどんどん排除(*)したいお花畑思想というところ)の根本にあるのは差別主義あるいはいじめっ子心理ではないかと思う。

(*)大抵「無神経」という言葉で印象操作される。他者に自分定義の「思いやり」をことさらに強要する。

昔書きかけて、空気を読んで:p 公開しなかった率直な意見をここなら出してもいいかなと思い、掲載。

「メンヘラーとは何か?」

何らかの障害を抱えている、あるいは(そちらの方が多いが)抱えていると思い込み、差別受けた(と自分が思っている)経験を持ち、いわゆる健常者を差別的な目で見ている人の蔑称

今ならちゃんと「偽」メンヘラーと言えます。極左に通じるものがありますなぁ。なお、病気病気ではないといっているつもりはないです。弱者という立場に乗っかりたい病気ではない人(まぁある種の病気だけど)もかなりの数いるということです。

例えば、「鬱」の人は他者に攻撃的にはなれません。鬱を標榜して他者を攻撃する人はかなりの確率でこの偽メンヘラーです。もちろん鬱状態でないとき、あるいは躁のときに攻撃的になる人はまた別にいますが。

別にメンヘラー定義論で煽って攻撃的な人を呼び込みたいわけでもないので話を戻して、「批判する人をどんどん排除したい」という欲求を持つ人って、「自分の城に絶大の権限が欲しい」ってことで、相手の指摘/主張はどうでもよくて、自分の気分で他者の扱いを決めたい、という感情が見え隠れします。権力が欲しいってことです。他者の権力下で活動しているといつそこから排除されるか解らないのが怖いのかもしれません。なので、ホスティング会社などの挙動にすごく敏感だったりするし、他者による権力にも敏感です。自分が権力を欲しいことの裏返しで(想像)。

ちなみに、私はいじめっ子というよりはいじめられっ子でした(うーんいつの話だ?^^;)。その反動が偽メンヘラーと同じように今でているかどうかはまだ判断できませんが^^;。偽メンヘラーに幾ばくかの悪感情を持っていることは確かです。わがままを散々見てきたこともありますが、つまらないなぁ、と。ただ、感情的にならず冷静に淡々と分析すると、上記のような成り行きは十分に考えられると思う、というそれだけです。自分は偽メンヘラーが嫌いなんだなぁという自己分析の結果、いじめっ子を世に憚らせるためのツールはあまり作りたくないという気持ちが多少なりともあったんだろうなぁ、と思い至りました。でも、それこそ隔離じゃないけど、わがままを抑圧しているともっとよくないことが起こるのが社会というものなので、わがままできる場を用意する必要性も感じたりしてあー世の中むずかし、です。

「偽メンヘラー」という言葉が生まれてよかった。

なお、この記事は「偽メンヘラー」を分析/批判しています。偽メンヘラーでない人のことは批判していません。他者による権力に敏感な人が「偽メンヘラー」なのではなく、「偽メンヘラー」が他者による権力に過剰に敏感なのです(エチケットペーパー)。

 |