モヒカンを隠して生きてきた日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

モヒカン宣言
 | 

2005-07-15

[]モヒカン族グループの意義 14:43 モヒカン族グループの意義 - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

このような概念に名前をつけて、そういう存在を、知らない人に向けてアピールするのが目的だったわけで、それは成功のようだ。曖昧さと、ぱっと見自己矛盾を感じさせるところもアピールという点からすればまさしく釣りとして成功。

で、その後どうなるか、というと、あんまり残された意義は無かったりする。

モヒカン族とはこういう人ですよーと、モヒカン族が言うことはあまりなく、したがってメタモヒカン族が集まっているこの場において、モヒカン族について周りが自由に言及できる状況になったら、やることがなくなるというか、内部の遊びネタとしては消費が完了しそう。

ムラ社会」の例を充足させる、というのが今後も継続的にできうるというか、今は既にそういう活動になってる気はするけど(<メタメタモヒカン族)、疲れそうだなぁ。otsune さんのパワーはすごいなぁ。実際、ムラ社会的言動を見つけては晒すみたいなことをやっていた人はたくさんいるので、それを堂々とやる場所、みたいになっていくのかしらん。そして、それを見た周りの反応は容易に想像できるわけだ、と。

自分はメタモヒカン族として(最初はモヒカン族としての自己言及のつもりだったけど)、思うところあったら書く、のかな。id:queue:20050708:1120795251 に書いたようにはならない気がする。というメタモヒカン族としての自己言及。

匿名論に行っちゃうよ 18:42 匿名論に行っちゃうよ - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

年齢を意識する必要がない意見や分析はあるけど、その人がどういう背景から発言しているのか考慮したほうがいいものもある。

モヒカン族 - モヒカン族反逆同盟@ARTIFACT - 「高校生」というレッテル

これを思い出した。

「内容至上主義」の欺瞞

http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/Anonymous.html#naiyoshijoshugi

発言者の背景が重要になる場面は以下、か。

  • 利害関係の絡む議論
  • 単なる想像でないことの担保としての発言者の背景が必要な場合 (追記)この逆に当たる、発言の正当性がかなり怪しいことを把握するために(以下同文)、という元ネタに絡む点を明記し忘れてました。エチケットペーパー敷くと、当事者かどうかってことですが。

これら以外においては発言内容のみを見て応答できるはず、といえるか。ちなみに上記ページではもう一段オブジェクトなレイヤで、「発言者の背景がわかっていると発言内容の解釈が容易になる」ことを以て、匿名はよくないと述べられていて、それはその通りなんだけれど、それは発言者の問題と思う。裏読みを必須と考えるのは、仕方ない面はあれど、できればなくしたいもの。

逆に、発言者の背景が害になるのは、その発言者が「声が大きい」と周りが思うようになったとき。ムラ社会ではそういう状況になると議論が停滞するかおかしな方向へ行きがち(なんとなく賛同とか)。モヒカン族ならそのようなことは気にしないだろうけれど、本当にそこまでできるモヒカン族はごく少数。「声が大きい」と「空気」は似ているけどそれぞれ別個に考察されるべきなんだろうなぁ。

[]あたりまえ 20:39 [[あたりまえ]] - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

ムラ社会的には、以下の二通り。

  1. 個人的価値観におけるジョーシキ。そうなっていると気分が良いこと。
  2. 気分がよくなくても、周りがそうしているから仕方がない場合。

モヒカン族的には、上記1と同じ意味の場合もあるが、通常はある絶対的規範(確かさという意味の絶対ではない)から自明の帰結を指す。

ってのはどうよ?

[]空気が読めない 21:17 空気が読めない - モヒカンを隠して生きてきた日記 を含むブックマーク

散々言われていますが、モヒカン族は空気が読めないのではなく、空気を読んだ行動を強いられるのが嫌い。

kanosekanose2005/07/15 21:03発言者の背景が重要になる場面は確かにそうですね

otsuneotsune2005/07/15 21:21正確に言うと「論理を軽視して、馴れ合いの場を防衛するために期待される「空気を読む行為」は非論理的だと考える」ということでしょうか。
糸井重里メソッドを活用しているモヒカン族は、わざとその空気を読んで洗脳合戦に利用するでしょうし。
モヒカン族が好む「エレガントなユーモアとHack」のほうに空気を読むことを期待してネタ振りしたりするでしょう。
つまりムラ社会とモヒカン族で期待されている「空気」の方向性が違うのだと思います。

queuequeue2005/07/16 04:23OK。「空気を読む」という言葉だけだとモヒカン族も独自の空気を読んでますねー。ムラ社会的な空気を読むのは嫌いだけど、殺伐とした空気の気持ちよさを堪能するセンスを持っている、というところでしょうか。私はそこまでの能力はないですが^^;。

トラックバック - http://mohican.g.hatena.ne.jp/queue/20050715
 |