二酸化モヒカン倶楽部 (otsune) RSSフィード

2005-07-22

牧歌的な時代の人付き合いはクラッカー不正アクセスに対して脆弱だ。だから今は「セキュア人格」が必要になっている 牧歌的な時代の人付き合いはクラッカーや不正アクセスに対して脆弱だ。だから今は「セキュア人格」が必要になっている - 二酸化モヒカン倶楽部 (otsune) を含むブックマーク はてなブックマーク - 牧歌的な時代の人付き合いはクラッカーや不正アクセスに対して脆弱だ。だから今は「セキュア人格」が必要になっている - 二酸化モヒカン倶楽部 (otsune)

詐欺師や似非占い師・似非宗教家に「思想トロイ」を埋め込まれてゾンビホストとして悪用される可能性がある。

だから正当性が保証されない外部入力によって自分の思想プロセスを実行されないように、セキュアな人格を持つ必要が有る。

もしくは「眉唾人格」という風に権限を制限した思想プロセスを脳内chrootして被害をそこだけにとどめるという手法が必要。ただこれは「ペルソナ」と呼ばれる手法で大抵の人が実践していることだから、わざわざ意識するほどのことでもないはず。

そして「セキュアな人格」を持つと意思伝達においてオーバーヘッドがどうしても発生してしまう。何の防御策も取っていないで入力をそのまま受け入れてしまう人よりスピードで劣る。

そのデメリットに対抗するため「アジャイル人格」というのも同時に実践するべきだろう。

牧歌的な時代は「フラフラ意見を変えるのは良くないこと」として、かたくなに行動することが善であると言われていた。

しかし「セキュア人格」が完成していれば、かたくなな態度で防衛する必要はなくなる。良いと思った合理的な入力があれば、それを解釈して意見を修正していけば良い。ウォーターフォール型の「最初に設計して、構築するときはそれを守る」というかたくなな行動は害になる。