妄批漢ことのは砦の決戦 このページをアンテナに追加 RSSフィード

うんぐら うんぐら

2005年10月18日 火曜日

モヒカン族」と「(はてなの)モヒカン族グループ)」の混同 12:18 「モヒカン族」と「(はてなの)モヒカン族(グループ)」の混同 - 妄批漢ことのは砦の決戦 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「モヒカン族」と「(はてなの)モヒカン族(グループ)」の混同 - 妄批漢ことのは砦の決戦 「モヒカン族」と「(はてなの)モヒカン族(グループ)」の混同 - 妄批漢ことのは砦の決戦 のブックマークコメント

otsuneさんが必死で訴え、またここの参加者はみな理解しているはずなのだが、「モヒカン族」と「はてなグループモヒカン族参加者」はイコールではない。むしろグループ参加者は、少なくともここでキーワードいじったり、モヒカンについて言及している間は「メタモヒカン族」としてふるまっているにすぎない。

しかし、特にムラ社会型思考においては、「モヒカン族グループで書いている人」を省略して「モヒカン族」と認識する例がしばしば見受けられる。ここも最初のうちからイロコイ族だと言っておるのに(イロコイ族という名称そのものの問題は別として)なぜか「あいつはモヒカン族でもないのにモヒカン族に入っている」という妙な批判をする人もいるようだ。

jitsuzonさんVS吉田アミ問題もそこに一つの混乱があるように思われる。

ところで、モヒカン族キーワードの中で「○○メソッド」というのは、今考えるとモヒカン族とは別に関係ないものが多かったりする。特に個人名が冠されたメソッドとか。言い換えれば、このモヒカン族グループは、モヒカン族そのものの分析を主とするのでさえなく、モヒカン族というキーワードをもとにネット社会内の類型分析を行ないたがる「ネット社会学者」が、モヒカン的雰囲気を漂わせた言及方法によって観察している、というのが実態であろう。

Marco11Marco112007/03/25 08:27おお、まっつんもモヒカンだったのかよ!w