優越感ゲーム

優越感ゲーム

他人より自分の方が優れている、上位にいるというのを確認しようとする行為を表現した言葉。他人と自分の違いを見つける「差異化ゲーム」と意味は近いが、上下があるという概念が入り、よりわかりやすい言葉となっている。

備考

  • 「自分はもっと素晴らしい人間として認められるべきだ」「○○が出来るようになればもっと良い人間に変わる筈だ」という多くの人が持つ心理をくすぐることがポイント
  • 「古いものは下で、新しいものが上だから、新情報に注目しよう」というノリ
  • 例えば「セマンティックウェブ」では言葉に上下関係が含まれていないので優越感ゲーム用語としては弱い。「Web2.0」のように「1.0は古い。2.0は新しい」という分かりやすい一次元の軸を提示することが重要

用例

発案者はオオツネさん(id:otsune)。

* はてなダイアリーキーワード:優越感ゲーム

* mohicanグループキーワード:優越感ゲーム