ムラ社会宣言

ムラ社会宣言

これはモヒカン宣言の合わせ鏡です。

宣言

  1. 発言者の社会的地位を考慮する。偉い人の失言は大目に見る
  2. 内容の前に礼節を知るべし。敬語、修飾語が適切に使われていない文は見るに値しない
  3. 間違いを指摘することはその人の人格を攻撃することである。また、真に誤りを犯した場合、どんな謝罪を行っても許されるものではない

ムラ社会5つの

校正
間違いを訂正する人は内心人格を攻撃しています。人として尊敬できることではありません。よけいな訂正は慎みましょう。
共有
あなたのものはあなたのもの。わたしのものはわたしのもの。人のものに口を出すのは恐ろしい人です。
マターリティティ
周囲の人を最大限配慮し、理論よりも何となく心を打つのが価値ある言説です。その為には、過程やソースを表に出さず、優しい言葉のオブラートでくるんで示します。
最適化の放棄
例え非効率であっても、揉め事が起きない方法が一番ハッピーです。
差異
お互いが違わないことを確認することで、我々は安心します。お互いの差異は努力で埋めることが出来ます。自分が良いと思ったことを積極的に人に対して行いましょう。

* はてなダイアリーキーワード:ムラ社会宣言

* mohicanグループキーワード:ムラ社会宣言