イロコイ宣言

イロコイ宣言

モヒカン族と似たようなメンタリティを持つが、必ずしも技術力の裏付けを持たないイロコイ族居住地では、以下のようなルールが採用されています。ご利用の前にご一読ください。(これはモヒカン宣言ムラ社会宣言と合わせてお読みください)

  1. この世はすべてネタ
  2. お礼は5行以上
  3. 俺もそうだし
  4. そんなことより

宣言

  1. 発言者の社会的地位を気にせず、芸風だけに注目する
  2. ネットバトルには阿吽の呼吸が必要。空気が読めないならリングに上がってはならない
  3. 事実を追及するためには、どれほどの長文も受け入れるが、最後に「長文UZEEEE!!!!」を忘れない
  4. 間違いは、きちんと認めて修正すればいいのだけど、悔しいからなかなか認めないこともある
  5. 揉め事の現場には必ず駆けつける

イロコイ族5つの価値

役割分担
キャラが立っているイロコイ族は、期待される発言を期待されるタイミングで行なわなければなりません。すべての表現は芸としてなされます。
誤字脱字
誤字脱字も芸のうち。しかし、芸ではなく、うっかりで誤字脱字をしたとき、指摘受けたならば速やかに訂正し、芸を完成させる方向に向かいます。
ボケ、ツッコミノリツッコミ
他の人たちがツッコミやすい言説が価値ある言説です。そのためには、たとえ自分がバカにされようとも、悪役になろうとも臆することはありません。また、ツッコマれたがっている人がいるなら、ツッコマないことこそが悪です。殺伐に見えていながら、そこには秩序があるのです。
適材適所化
たくさんの人がそれぞれの役割を演じることができるエレガントな方法を見つけた時、我々は最もハッピーになります。
差異
お互いの違いは芸の違いなので、この世の中において極めて必要なことです。しかし、「俺漏れも」「麻呂も麻呂も」「拙者も拙者も」「妾も妾も」と述べる役割の人たちもいます。人それぞれです。

類似/対比

* mohicanグループキーワード:イロコイ宣言