あたりまえ

あたりまえ

本来の意味は多数派が合意することが明らかなもの→常識

ムラ社会での用法は、以下の二通り。

  1. 個人的価値観におけるジョーシキ。そうなっていると気分が良いこと。
  2. 気分がよくなくても、自分の周りの狭い範囲がそうしているから仕方がない場合。

事実でなくてもよいことが特徴。

モヒカン族の用法では、本来の意味の場合もあるが、ある絶対的規範(確かさという意味の絶対ではない)から自明の帰結、すなわち単に事実を指すことも多い。

* mohicanグループキーワード:あたりまえ