Hatena::Groupmohican

metaphone single dub structure (non-existence)

|

2007-08-09

DJ TROOPERS

01:52 | はてなブックマーク - DJ TROOPERS - metaphone single dub structure (non-existence)

なんとも示唆に富んだサブタイトルではありませんか。戦場はメインフロア、戦う兵士は己のセンスのみを頼りにディスクを掘り出してゆくDJ。彼の眼前で犇めき合う無数のクラウドは敵か味方か!

いや、さっぱり意味が分からない……。

あれか、TЁЯRAが超流行戦意高揚音楽とかいうジャンルで新曲書いたりakikoたん(結局誰なのよ…)がチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を弾いたりするのか。V-Discでやれ。V-Discが何か分からなかったらぐぐれ。

Youtubeはスバラシイ

01:52 | はてなブックマーク - Youtubeはスバラシイ - metaphone single dub structure (non-existence)

すごいよV-Discあったよ。

ジャンル厨として、強く、生きたい

02:48 | はてなブックマーク - ジャンル厨として、強く、生きたい - metaphone single dub structure (non-existence)

まぁテーマがどうこうってのはあまり自分のモチベーションには影響無くて、やっぱり曲が重要だということをGOLDで思い知らされたんでここは一つ新曲でどんなジャンル来るかなぁっていうのを気にしておきたい。音ゲー未出ジャンルとなると、今まででもうかなり出尽くして来てる感があって難しいんだけど、前作でスカウスハウスやらシュランツなんて出てきたことを考えてみても、やっぱりちょっと流行キャッチアップしていこう的なジャンルは意外と絶妙なタイミングで今までも登場してるんですよね。4th styleの2STEP然り、REDでのCLICK HOUSE然り。となるとやっぱりDUBSTEP/GRIMEとか、あとなんですか、NU RAVEとか来ちゃうんですかね。こういったジャンル遊びはテクノウチさんが強そうだなっていう印象がある。テクノウチさんねー、ああいう人を「BMS上がりの云々」みたいなしょうもない括りでカテゴライズしようとする人を見かけると本当に勿体無いなぁと思わずにいられません。あとそうだそうだたっしゅタッシュTatsh。やっと復帰しそうで非常におめでたいのですけど、今後タッシュを語るにあたって彼のキャリアヘルニア以前/ヘルニア以降で語ることができるかどうかに自分は興味があります。ポやデラのCS曲で既にヘルニア治癒後に作ったと思しき曲は存在するんだけど、やっぱ彼の真価が問われるのはあの手の曲ではないと思うので、試金石になるのは家庭用DDオマケで付いてくるらしい華蝶風雪ロングかな?と予想してたんだけど、意外と早く今回のロケテで来るのかなという思いもあり。来るといったらまたあれか、DDロケテみたく本人登場で謎の女子高生と一緒にダーティやって堂々と全押しできずに落ちたりするのか。あれ見てて本当に和んだ、もとい面白かった。

2007-07-25

ぷらとらさんとこ

01:55 | はてなブックマーク - ぷらとらさんとこ - metaphone single dub structure (non-existence)

d:id:dokukinoko774日記でぷらとらねっとの最新の更新がむかつくとか書いてたからあそこは相変わらずなのかどれどれどんなもんじゃいと見に行ったらいきなり目に入った一行掲示板の中でお客さんが「RSS置いてくれない?」というお願い出してたのに対して管理人が「トップページ経由しなくなるからダメ」みたいな返しをしててTa2さんはいつからそんな直言キャラになったんだと非常に感銘を受けた次第。その後でRSS置くと独自性が失われるから云々みたいなことを追加で書いてたようだけど、これはもう完全に読者の利便性よりも自サイトアクセスカウンタ回し?ないしアフィリエイト収入?のが大事ですって堂々と表明したと解釈していいんだよね? あ、いや、言ってないことを読み取るマンに自分が変身してしまった可能性も否定できないので、この解釈に問題があればお客さんがトップページを経由しないといけない別の理由を添えてツッコミ願いたく。ぷらとらさんとこは何かと理由つけて「正義アフィリエイト」みたいなアナウンスをするサイトという固定観念を持っていたので(これもちゃんとサイト巡回してるわけではないので思い込みも甚だしいわけですが)、今回の一言で堂々としてて偉いなと感動したわけです。そもそも自分は大手サイトアサマシエイトに対する僻みとかは全然持っていなくて、企業が儲かって管理人さんも儲かってお客さんも損しないなら素敵じゃないのと常々思ってまして、だからぷらとらさんとこがちゃんとお客さんを掴む更新を継続してリピーターをちゃんと確保してアフィ収入もちゃんと得てと上手くやってるのには感心するのみなのです(まあだからと言って管理人さんの思想や人柄まで肯定する訳ではないですけど…そもそもあの人とはあまり接点無いんでどうにも)。

で何だっけ、いや、偉いなとは思ったんですけどRSS置かないことで確かにサイトアクセス数が減る状況は回避できるだろうけど、長い目で見た時には結果的に「良き観客」と彼らの「信頼」を失うことになるんだろうなぁ勿体無いなぁと思ったよ、というだけの話でした。音ゲー関係無かった。猛省。

ところで

02:06 | はてなブックマーク - ところで - metaphone single dub structure (non-existence)

一行掲示板感動したあまりすっかり失念してたけどむかつく更新って結局何だったんだろう。でもまた見に行くのも面倒なので忘れることにする。

ちょっと考えてること

02:22 | はてなブックマーク - ちょっと考えてること - metaphone single dub structure (non-existence)

今、現在進行形音ゲーにハマってる老若男女に、音ゲーとの馴れ初めと、そこから如何にしてこの道へ堕ちていったのかを告白していただいて、名前とか性別とかその人のパーソナリティの一切を伏せる前提でその内容を赤裸々にひたすら公開していく、というだけの行為の意義。いきなり何を言ってるんだと思われるかもだけど、先日の音ゲー寄りメンツな飲みの席でちょっと聞いてみたらこれが面白いのなんの。これが例えば「音ゲー」じゃなくて「らき☆すた」とかだったら聞いても全然面白くないんだろうけど、何でだろうね。実際にやってみたら分かるんだろうか。うん、でもとりあえず真剣に検討してはいて、ただゲーセンで見ず知らずの人にいきなり「すいません、どういうキッカケで音ゲーにハマったんですか?」とか聞いて回ってたらただの変な人というかKONMAI社員!? なすび!? と誤解されかねないのでとりあえずは自分と面識ある音ゲーマーの皆さんにフック掛けてみるのが現実的かなと。そんな訳でこんな文章を読んでしまっているあなたが忘れた頃そんな質問が自分から飛んでくるかもしれませんので、もしお暇でしたらちょっくらお付き合いいただけると幸いです。どんなもんかなー。でも実際、これが実現して相当な数のエピソードが一箇所に集積したりするとそれはそれで大いに無駄で絢爛豪華なタピストリが織り上がってしまうような予感がしないわけでもないのです。

2007-07-17

TECHNO MASTERS / Two Months Off

00:19 | はてなブックマーク - TECHNO MASTERS / Two Months Off - metaphone single dub structure (non-existence)

DDRの新作に入るか入らないかよく分からない曲らしいけど、とりあえず原曲のシンセフレーズなぞっておきました感がどうもちょっと残念譜面は踏みたい感じに踏ませてくれる譜面っぽくて楽しそうだけど。まぁ、カヴァーでもこういう曲を入れようとする姿勢は大いに買っていいんじゃないかしら。これ日本版のDDRだとこの曲の代わりにSWITCHが収録されますっていうネタが思い浮かんだけど全然面白くないね。

2007-07-16

近代絶頂音楽はフリージャズっぽい

19:58 | はてなブックマーク - 近代絶頂音楽はフリージャズっぽい - metaphone single dub structure (non-existence)

というコメントニコニコ動画で見かけてそうかそれかと膝を打ちながらソウカナー?と疑問も抱えてみた。

自分はご高説を垂らせるほどの経験値を得たフリージャズリスナーではないから(ってこれはどのジャンルでもそうか)何の参考にもならないでしょうけど、少なくとも大学生の時分に何故か聞いたその手のサークルによるフリージャズライブ演奏やジョンゾーンとかの作品と比較すると「天庭」は凄く聞きやすいアレンジが成されてるなと思うわけです。起承転結がしっかりしてるし、いわゆるあさき世界観ってのがちゃんと色濃く反映されてるし等々。サントラ聞いてみなければ何ともですけど、自分としては今のところあさき曲の中でぶち抜けてトップクラスの出来という印象です。「鬼言集」にインダストリアルレヴューなんてジャンルを付けてしまう最近あさき先生には色々と期待せずにはいられない今日この頃

そんなジョンゾーン先生とマイクパットン大魔神のコラボレーション映像がこちら

20:07 | はてなブックマーク - そんなジョンゾーン先生とマイクパットン大魔神のコラボレーション映像がこちら - metaphone single dub structure (non-existence)

Tumblr.経由で存在を知って観たんですけど頭がおかしい。「あさきって頭病んでね?」と判断するのはまだまだまだまだまだまだまだまだ時期尚早と思わずにいられません。

2007-07-05

オービタリックテクノだっけ

12:29 | はてなブックマーク - オービタリックテクノだっけ - metaphone single dub structure (non-existence)

散々言われてるだろうけど、U1曲で「自分がプレイすることによって音を出せる譜面」ってこれが初めてだよね。音ゲーコンポーザーの中でここまで特異な焦らしをやってのけた人が他に居ないことを考えるとなかなか画期的な事件だね今回の解禁は。え、ncさん?…は、うーん、もうちょっと、その、まあ、頑張って欲し…や、まぁ、うん、はい、と奥歯に物挟むメソッド炸裂。

音ゲーの終焉まで淡々と"Why do you need Konami original songs?"の問いに拳で…じゃなくて作品で答え続けていて欲しかった自分としては、最近の露出が増えてる状況に対して複雑な心境ではあるんだけど、あ、そうか。そういう変化も"Flow"のままに、ってことか。なるほど

2007-07-04

かなりやばい

18:26 | はてなブックマーク - かなりやばい - metaphone single dub structure (non-existence)

物凄くハイセンスかつウィットに富んでかつ単純明快という素晴らしいジョークを思い付いてもう文面も出来上がってるから後は送信ボタンを押すだけという状況に心がそわそわしてるんだけどこのジョークを披露することでここ読む人の自分に対する評価が一体どのくらい変動するのだろうということを考えると非常に恐ろしくてなかなか行動に踏み切れないのだけれどこんなに素晴らしいジョークを自分の脳内に留めて終わるのはあまりにも惜しいなという思考スパイラルから抜け出せる気配が無いから今日中に決断できなければこのジョーク永遠御蔵入りということに決めた。

2007-06-29

09:30 |

GRADIUSIC CYBER (Vic Viper born duv)リリースまで


あと10時間強。あと10時間強もすればGOLDサントラと共にmilestoneが家に届くはず。その昔、五鍵盤の歴史を総括するかのような収録曲で構成された好盤、"THE BEST PROMINENT"において五鍵盤、あるいはbeatmaniaを代表する一種の聖典と化したと表現しても過言ではないあの曲を"metaphone twin dub unit"の名の下でダブの方法論に則って文字通り「終わらせた」のがdj nagureo。自身のblog藤原ヒロシクラシックダブアレンジ作品をあっさりとDISってしまう程の一本通った筋を持った彼の美学が貫かれたそのアレンジメントに自分はもうそれはそれは相当な衝撃を受けて、またああいった手段で寂寥感と美しさを同居させた音風景を現出させ得る氏の「思想」に惚れ込んでしまい、自分が散々にお痛を働いてきたコテハンとは異なるストリームを定義付けるにあたって、厚顔無恥を承知の上でそのユニット名から一語を拝借して今に至ってるわけで、振り返ってみると悪くない選択だったかなと思ってる。あの曲が世に放たれたという事実音ゲー歴史において明らかに大きな「事件」として定位されるべきだと思うんだけど、皆さんの心の内に宿る歴史においてはどうですか? そして今日石川貴之という作曲家の方向性を、更にはbeatmania IIDXというゲームの在り方を、極論すればBEMANIブランドの今を決定したあの曲が、再びその人の思想を注ぎ込まれる事で今、私たちの前に再び姿を現そうとしてる事実アルバムへのdj nagureoの参加が発表された時にはもう既に「きっとダブで来るな」という確信があったにも関わらず、曲名を目にした瞬間、一瞬にして体内を駆け巡ったあの感覚。ダブというジャンル/方法論に秘められた無数の可能性が、「どんな音で来るんだろう」と聞く前からリスナーのイマジネーションを刺激するという自家撞着。"duv"がコンマイお約束typoなのか、はたまたビックバイパーと掛けてるのかなんて疑問の答えはどっちでも良いんです。MUSIC TO YOUR HEAD.それは麻薬媚薬劇薬か。皆さん覚悟はできていますか? こんなとこまで読んでも覚悟できてないとそれは非常に良くないので最後にもう一度だけ書かせて下さいね。


GRADIUSIC CYBER (Vic Viper born duv)リリースまで


あと10時間強。

2007-06-28

サンバ未収録に思う

23:34 | はてなブックマーク - サンバ未収録に思う - metaphone single dub structure (non-existence)

人気も譜面の質もDistorteDカヴァー3曲の中ではトップという認識があるから、非常にもったいない残念結果よね。過去の曲で例えるところの"ちょっときいてな (ZANSHIN-NA MIX)"や、"Queen's Jamaica (astria mix)"並みにレア立場になってしまったわけか。これまで過剰なまでのサービス精神の発露で軒並み高評価を得てきたIIDXの家庭用にここで大きな汚点ができてしまった…のか…な?

そもそも音ゲーライセンス周りが一体どんな体系なのかちっとも想像つかないから、この件に関して誰が責められるべきかなんてことを偉そうに言える立場ではないし、会社は恐らくベストを尽くしたんだろうと考えたい。金の問題なのかもしれないし、ベリーニさんだかラモン=ツェンカーさんだかハードフロアさんだかのやんごとなき事情ゆえなのかもしれない。その上でこう残念結果に至ってしまったという事実から我々音ゲーマーが学ばないといけないのは、今ある音を、譜面を、あるいは映像をしっかりと噛み締めるべき。アーケードの筐体で。ってことか。

当たり前のことなんだけどBEMANIブランド音ゲーに関しては家庭用に対する業務用の絶対的優位性が揺らぐことって無いのよ。GOTTAMIXみたいな例外もあったり家庭用でしかプレイ不可能な追加曲もあったりするけど、やっぱりあのゲーセンっていう独特な空間で無駄に大音量とライティングを放つことで醸し出されるあの雰囲気ってのはお家ではそう体験できるもんじゃない。少なくとも自分はそういった要素を提供してくれることの対価として毎回筐体に小銭を放り込んでるし、筐体をメンテナンスしてくれる店員さんにはリスペクトの気持ちを持つようにしてる。だからこそ、音ゲーを家庭用でしかやった事が無いという人がいたりするとなんと勿体ない!と慨嘆を禁じ得ない。単に金銭的問題とかお家が厳しいとか自宅警備が忙しくて外出できないとか事情は色々あるだろうけど、それはあなた、音ゲーの魅力の8割方をスルーしてますよ、それで良いのですかと言いたい。実際、ゲーセンデビューってのはなかなか勇気が要ると思…って話題逸れまくりだから軌道修正。

言いたいのは、家庭用が業務用の後継として十全に機能してくれることは決して無いということ。今回のサンバ未収録で改めて思い知らされたね。DDに限定してもサンバだけじゃない、汎用ムービーが流れるブンブンディスコナイトも虹色も、ボーイズリーズンを出すためにエフェクタをM字にするという行為も、今どき業務用で絶賛稼動しているDistorteDを探し出さないともう決して体験できないわけよ。別に大したことじゃないべという意見はごもっとも。でもどんな些細なことであっても、「もう」「絶対に」「不可能」という事実の重みってのは厳然として存在するわけ。論理としては無茶苦茶だけど、ライヴ演奏や演劇のような一回性が重視される芸術においてはアウラが云々っていうあの話と決して無関係とは言えないですよね。わざわざお金払ってエンターテインメントを買ってるんだから、今あるものを可能な限り愛してあげた方がお互い幸せだよね。

23:41 |

GRADIUSIC CYBER (Vic Viper born duv)リリースまで


あと1日

2007-06-27

00:07 |

GRADIUSIC CYBER (Vic Viper born duv)リリースまで


あと2日

2007-06-25

16:17 |

GRADIUSIC CYBER (Vic Viper born duv)リリースまで


あと4日

|